ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

ぽっちゃり王子の人生“簿”

1番

2番

3番

4番

5番

6番

7番

8番

9番

10番

11番

12番

13番

14番

15番

16番

17番

18番

クラブハウス

エントランス

レストラン

ロッカー

富士山

日本オープン後の横浜に行きませんか? と連絡を頂きました。
埼玉の名門メンバーの加賀屋縁の仲間からです。
このKさんの友人が横浜のメンバーだから、お誘いを頂きました。
と言う事で、加賀屋縁のゴルフ仲間4人でプレーになります。

この日本オープンに向けて、数十億費用をかけて大改修をしていました。
ここはもうかった費用をすべてゴルフ場に使うそうです。
ですので、いつもどこか工事を行っているとの事でした。
キャディさんも入社した昭和から続いていると言っていました。
ゴルフ場のサクラダファミリアと思っておきましょう。
オーナーの方針だそうで、メンバーにとってはありがたいですね。

練習場

 

練習場にいくと、ボールが無料でした。
一人2箱までの制限はありますが、ありがたいサービスです。
しっかりと48球打ち込みました。

ティーグランドは、少しステージのような高台になっているゴルフ場が多いです。
しかし横浜は違います、FWを見下ろす感じではなく 同じ視線です。
そして、OBがないのが特徴かと思います。
OBラインは見えなく、ブッシュになっています。
ここにボールが入ったらロストになるだけで、実際OBと一緒でしょう。
ですので、ティーショットはとても緊張感があり楽しめます。
14回中 9回FWに打つことが出来たのは良かったです。
ロストは最終ホールの1回のみでした。

FWは、アンジュレーションがあり 緩やかな打ち下ろしなどがあります。
斜面を感じるようなものはないです。
ですが、2打目を打つ時は この少しの傾斜の影響を受けるのでしょう。
そして距離が長いので、2打目はかなりの難易度になります。
パーオンは2回のみでした。

浅く見えるバンカーですが、かなり深かったです。
白砂で綺麗なのですが、とても邪魔で嫌な印象があります。
そのぐらい多く入りました。
バンカーの周りのカットが綺麗で、転がって良く入ります。
花道は小さく、ラッキーはないのが特徴です。
アンラッキーが続くように思いますが、自分の実力です。
バンカーからグリーンに行きたいのですが、ホームランはブッシュです。
その緊張感はあり、一度ブッシュに行ってからバンカーが怖くなりました。

パターは40回で、1パットなしです。
場所によっては傾斜があり、入る感覚は全くなかったです。
現代風のワングリーンの仕様となっています。

ドライバーが良かったのに、9回FWに行っているのに 250Yぐらい飛んでいるのに、のに、、のに、、、。
結果は、

アウト 4 3 4 4 5 4 4 4 3 36
王子 8 4 5 5 6 10 5 6 4 53
イン 4 4 3 5 4 5 3 4 4 36
王子 5 6 5 5 6 6 4 6 7 50

と簡単な100打ちです。
パー71なので、32オーバーで クラブハウスに戻りました。
戻る途中ですが、面白いものを発見しました。19番ホールです。
普通19番ホールと言うと、飲みに行ったり 次を楽しもうとのかけ言葉ですが本当に19番ホールが存在するのです。
170Yショートホールで、右手前にバンカー 両サイドを受けてくれます。
そんなに難しいホールではないように思います。
ちょっと、スコアを気にしないで 楽しんでと言う事でしょうか。
または、何かの対決の決着(清算)ホールにしているのでしょうか。
気分よくクラブハウスに戻るように考えているのだと。

ちょっとしたサービスが凄いと思いましたが、それを見ながら戻りました。
クラブハウス前の空間を広げ、大パノラマにするために広げたそうです。
そこで19番ホールを作るのは、利用者思いです。

100打ちは、今年も行ってしまいました。
毎年行ておりますが、今年もしっかり更新です。
30年近く記録更新中で、来年こそは と今年も言う事になりました。
まー100打ちをしたくないのであれば ゴルフ場に行かない事でしょう。

100打ちをしたのですが、とても満足感がある自分がいました。
スコアは良くないのですが、さまざまな気づきがありました。
気づきを多く頂くことで、100打ちの価値が出る。
今の自分の限界を知り、新たな展開に気がつく。
気づきが多い、素敵な一日を送ったと言う事でしょう。

 

昼食

 

 

掲載日:2018年12月19日

神奈川県にある横浜カントリークラブ西コースのゴルフ場レポート

ページのトップへ