ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

ぽっちゃり王子の人生“簿”

1番

2番

3番

4番

5番

6番

7番

8番

9番

10番

11番

12番

13番

18番

尚、14番から17番は雨のため、撮影しませんでした。

ブリジストンオープン直後のゴルフが毎年恒例になっています。
今年も同様に、加賀屋縁の仲間8名が袖ケ浦に集まりました。
もちろん袖ケ浦メンバーのM社長も登場し、やる気満々です。
と言う事で、毎年戦っている7138Yへの挑戦です。
距離との戦いですが、毎年行うと距離に対する恐怖はないです。
最初であれば、不安でどのようになるのか 悩んだものです。
何回もプレーしてきた経験で、そのように思えてきたのでしょう。

ラフはそう深くなく感じます。
女子オープン後の野田をプレーしたからでしょう。
ですので、いつものように思いっきりドライバーを打っていきました。
距離があるので、250Yぐらいは飛ばしたいと考えておりました。
そうすると真っすぐボールが行かず、ティーショットで悩み続けております。
440Y越えのミドルはどのように戦うべきなのでしょうかね。

そして、グリーンが固く 速いです。
スピンが全くかからなく、スースーと音を出しながらグリーン奥へ行きます。
下りパットがまた速すぎます。カップを過ぎて、転がり落ちます。
人生は転がり落ちていない、まだ登り切っていない と思ってプレーしました。
どうしたら、パターが上手く行くのでしょうかね。
なかなか悩みが多いものです。
でも、トッププロでも パターで悩んでいるのですから私と一緒でしょう。

イン 4 4 3 4 4 4 5 3 5 36
王子 6 4 4 4 6 5 7 5 8 49
アウト 4 5 4 4 3 4 4 3 5 36
王子 6 6 5 7 4 4 6 3 7 48

危なく、100打ちでした。ぎりぎりセーフです。
良かったと安堵しており、変な満足感だけはありました。
とても、レベルが低いだけなのですが。
どうしたら、毎回いいスコアが出せるのでしょうかね。
悩み続けながら、毎週ゴルフを行っています。
この悩みが解決出来たら、ゴルフをやめているかもしれませんね。

自分を成長させたいから、高いパフォーマンスを出したいから悩むのでしょうかね。
現状に満足していないのかもしれません。

20代の時の悩みなんて、今思えば小さい事。
何を悩んでいたのかすら、忘れている。
30代の時にいろいろと悩んだが、同じだ。
その時乗り越えたのか分からないが、今はそんなに重要ではない。
今の悩みもきっと時間が経過すれば、大した事ではなくなる。
悩み過ぎても意味がないし、答えはないでしょう。
悩んだと言う事で、十分に価値がある。
時間と共に、自分に刻まれ 人生を作っている。
悩みは、自分の成長に変えているのでしょう

アウトスタート小屋

インスタート小屋

掲載日:2018年12月3日

千葉県にある袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コースのゴルフ場レポート

ページのトップへ