ゴルフ場倒産情報

南総カントリークラブ

2010年01月22日(金)

南総カントリークラブが預託金間題等で再生法の適用申請

適用:民事再生法 負債額:127億円
関連するゴルフ場:ニュー南総ゴルフ倶楽部


 南総カントリークラブを経営する株式会社南総カントリークラブと、ニュー南総ゴルフ倶楽部を経営する芙蓉土地株式会社は、2010年1月22日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 両ゴルフ場は熊谷組グループで開場したが、2006年11月に親会社の土地興業株式会社(2007年5月再生法申請)は両ゴルフ場会社の株式をゴールドマン・サックスグループに売却。運営は株式会社アコーディア・ゴルフが受託していた。

 負債額は株式会社南総カントリークラブが127億円(内会員1999名の預託金121億円)、
芙蓉土地株式会社が116億円(内420名で112億円)

 負債の大半は預託金で、10年前に据置延長した預託金が昨年7月以降順次償還期を迎え、これらが重荷となって、再生法申請に至ったようだ。
スポンサー先はアコーディアが有力になるとみられる。

組合&ゴルフ特信より