ゴルフ場倒産情報

  │戻 るトップに戻る

2002年12月 9日(月)
経営会社:内房産業
該当するゴルフ場:木更津ゴルフクラブ
木更津ゴルフクラブ
            
適用:破産申し立て
負債:65億円

 千葉県袖ヶ浦市にある「木更津ゴルフクラブ」の運営会社、木更津ゴルフ倶楽部(東京・千代田、宮内章好社長)は九日、千葉地裁に同ゴルフ場の所有会社、内房産業(千葉県袖ヶ浦市、山口直彦社長)の破産を債権者として申し立てた。負債総額は会員からの預託金など約65億円。
 同ゴルフクラブは昭和53年の開業以来、内房産業が賃貸人で、預託金の発行・管理および償還を手がけ、木更津ゴルフ倶楽部が賃借人としてゴルフ場を経営してきた。しかし最近数年のゴルフ会員権相場の低迷により預託金の返還請求が増加。内房産業の経営が悪化したため、ゴルフ場事業に支障が出ないよう木更津ゴルフ倶楽部は内房産業との間でゴルフ場の所有と管理運営を一体化する交渉を続けてきた。
 申し立て後も木更津ゴルフ倶楽部はゴルフ場の営業を通常通り行っていく。

日経新聞より