ゴルフ場倒産情報

アバイディングクラブゴルフソサエティ

TOP>ゴルフ会員権情報>ゴルフ場倒産情報>アバイディングクラブゴルフソサエティ

2002年11月01日(金)

株式会社アバイディングが民事再生法の適用を申請

適用:民事再生法 負債:337億円


アバイディングクラブゴルフソサエティの経営会社である株式会社アバイディングは、11月1日に債権者である株式会社ヒルクレストゴルフクラブ(負債500億円、栃木県、2000年8月民事再生法)より東京地裁へ民事再生法を申し立てられ、同日保全命令を受けた。
 申請代理人は、松尾翼弁護士(東京都中央区銀座7-14-16、電話03-3542-9141)。
当社は、1976年(昭和51年)8月に設立されたゴルフ場経営会社。97年5月に和議を申請した株式会社アルファキュービック(東京都港区、婦人服卸)のグループ会社として、アルファキュービックインターナショナル株式会社の商号でスタートした。当初は衣料品ブランドのライセンスに関する契約管理を行っていたが、その後ライセンス事業部を株式会社アルファキュービックに移管し、94年に現商号となり、ゴルフ事業に専従。95年4月には、「アバイディングクラブゴルフソサエティ」(千葉県長生郡、18ホール)をオープンした。経営にあたっては、株式会社イ・アイ・イーインターナショナル出身者を役員として迎え入れるほか、東京協和信用組合をメーンに資金調達を図り、また同グループの総帥、高橋治則氏の個人会社が株主となっていた。
 しかし、高橋治則氏の乱脈経営により東京協和信組が95年3月に経営破綻、同信組の債権は整理回収機構に移管されることとなった。また、99年5月期に約9億円を計上していた年収入高も近年の集客の落ち込みから2001年同期の年収入高は約5億1000万円にまで落ち込んでいたうえ、金融機関から多額の借入金を抱え、毎期大幅な営業赤字計上していたことで余裕のない運営となっていた。
こうしたなか、株式会社イ・アイ・イーインターナショナルが整理回収機構より破産を申し立てられ、2000年6月に破産宣告を受けた。株式会社ヒルクレストゴルフクラブはイ・アイ・イーインターナショナル関連会社への貸付金が回収不能となり資金繰りが悪化、会員のプレー継続を図る目的から2000年8月には民事再生法の申請に踏み切っていた。その後、当社に対しての債権債務の整理を進めるために今回の申し立てとなり、当社も民事再生手続きの下で再建を図ることになった。
負債は約337億円。

帝国データバンクより