ゴルフ場倒産情報

湯ヶ嶋高原倶楽部

2004年03月24日(水)

株式会社湯ヶ嶋高原倶楽部が民事再生法を申請

適用:民事再生法 負債:393億800万円


 湯ヶ嶋高原倶楽部の経営会社である株式会社湯ヶ嶋高原倶楽部は、2004年3月24日に東京地裁へ民事再生法を申請した。
 当社は、1973年(昭和48年)10月設立。1986年5月に静岡県田方郡天城湯ヶ島町にゴルフ場(湯ヶ嶋高原倶楽部)(18ホール)およびテニスコートやプールを併設したホテル宿泊施設(86室)をオープンし、ピーク時には10億円内外の年収入高をあげていた。
 しかし、近年は来場者数の落ち込みや施設維持費、借入金返済負担などから資金繰りが厳しくなり、人員リストラを行い施設運営を外部委託していた。ここ1年間の年収入高は約1億4200万円に低迷、2003年12月末時点で約212億円の債務超過に陥っており、預託金償還にも対応できないことから自力再建を断念した。
 負債は約393億8000万円(会員3627名に対する預託金約233億2400万円を含む)。
 なお、会社側によると、フランスに本部を置く投資銀行(エルメス キャピタル パートナーズ エス・エー・エス社)がスポンサーとして再建支援の基本合意を締結したとしている。

帝国データバンクより