ゴルフ会員権を購入され、競技ゴルフに参加したいお客様へ特にオススメします

 総武カントリーを退会して3年程経過しました。
この度、総武に復活する事となり、無事??面接をクリアして会員資格を得ました。
総武コースは2009年に理事長杯でマッチ5連勝、あれよあれよと優勝したボードが残る大切な場所。

今日は4年ぶり、花屋のオッチャンと総武コース対決です。
ビジター11000円と格安なので、花屋もノリノリ。
そして大好きな高麗グリーンであります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
5 4 4 3 4 4 3 5 4 36
花屋 5 6 5 4 5 5 3 5 5 43
まっちゃん 4 6 5 3 7 5 3 6 4 43
FW × × × × 3H
PT 0 3 2 1 3 2 2 2 1 16

1番489ヤードロング、1Wは二人とも右のラフ。
そこから5Uで前進し残り65ヤード。
いつの間にかエッジ表示になっていて驚き!
SWはショートするも、カラーから7歩をノリスパターで沈め、おはようバーディー。
花屋は奥からのバーディーパットを外し、パー。

2番387ヤードミドル、1Wは軽くFWキープ。
残り165ヤード程度だが、真ん中の木の後ろにピンが隠れている。
5Uでドロー掛からず右ラフ。
アプがオーバーし、パーパットもオーバーし3パットダボとは・・・アホ。
花屋は左の林にツッ込み同じくダボ。

3番420ヤードミドル、1Wが右にプッシュされ林にイン。
3Uで上手く脱出してボギー、花屋もボギー。

4番193ヤードショート、3U右にプッシュし木に当たる。
アプでグリーンだが、上りの10歩少しフックライン。
これを強気なタッチで決めてパー、花屋はボギー。

5番410ヤード右ドックミドル、1Wが右プッシュでコーナーの木に当たり傾斜地。
PWで脱出し反対側のラフ。
5Uはラフに負けて4オンとなり、3パットのトリプル・・・下手だ。
花屋ボギーで同点となる。

6番380ヤードミドル、やっと1Wが真っ直ぐ飛んでFW左サイド。
木の後ろにピンなので5Uでドローを打つも、早く曲がって木に当たりボギー。
花屋もボギー。

7番159ヤードショート、6鉄でピン右5歩につける。
バーディーパットは僅かにショートしてパー。
花屋も右奥から楽々パー。

8番564ヤードロング、1Wが快心でフェアウェー。
3Uで力み、ゴロで右ラフ・・・5Wでゆったりが正解。
ボギーとなりパーの花屋に1打リードされる。

9番363ヤードミドル、1Wはタイミングが早くフックで左ファーストカット。
180ヤード上り、4Uは僅かに届かず。
アプはピンを5歩オーバー。
下りのパット、強い・・・ガチャン、際どく入ってパー。
花屋は短いパーパットをカップに蹴られボギーで、43回引き分けとなる。

西 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
5 4 4 3 4 4 3 4 5 36
花屋 6 4 5 3 5 5 2 4 4 38
まっちゃん 5 5 6 2 5 9 3 4 5 44
FW × × × × 3H
PT 2 2 2 0 2 0 2 1 2 13

1番502ヤードロング、突然雨が降り出します。
1WはFWキープ、4Uで前進して、110ヤードPWでのっけてパー発進。
雨が強いので省エネゴルフ。
花屋は右ラフからポッコンし、サード5鉄でバンカーインのボギーで、1打リード。

2番373ヤードミドル、1Wは良いドローだが雨でランが無い。
165ヤードを5Uで狙うが、右の木の枝に当たりバンカーにキックし右ラフ。
アプがオーバーしてボギー、花屋はパーで同点に戻る。

3番432ヤード、1Wを打つ瞬間チャイムが鳴ってミスするがFWに残る。
200ヤードを5Wで狙うがベントグリーン方向の花道。
薄芝からSWがチャックリ・・・ダボはいかん。
花屋もサードをラフからチャックリするが、根性でのせてボギー、1打負け。

4番161ヤードショート、5Uは右プッシュで右カラー。
外から15ヤードをノリスパターで沈め、花屋もびっくりのバーディー。
グリーン手前から花屋のバーディーパットは外れ、パーで同点。

5番338ヤード短いミドル、ドライバーナイスで残り90ヤード。
AWは少し噛んでショートしボギー。
花屋も噛んでショートしボギーでドロー、これは雨の影響だな。

6番407ヤード右ドック、1Wで木越えを狙うが高さが足りず木に当たってOB。
打ち直しは左ラフ、4打目が手前バンカー、5打目がホームランで奥の1ぺナゾーン。
崖下から7打目はバンカー、8打目バンカー出ただけのラフ。
20ヤードのアプ、SWで打った球がカップインで9回・・・お前はもう死んでいる。
花屋はパーで5打差をつけられ試合を壊してしまった。

7番173ヤードショート、6鉄右にプッシュして15歩の距離。
バーディーパットは3歩ショート、生き残りをかけたパーパットを決めた。
私の自滅を見てラオウのように強くなった花屋、4歩を決めてバーディーで死人に鞭を打つ、6打差ヒデブ。

8番391ヤードミドル、1Wは安全に左バンカー手前のラフ。
170ヤード前下がり、5Uはバンカーの淵の傾斜地ラフ・・・大ピンチ。
しかしここから奇跡のチップショットでピンに絡ませパーで歓声が上がる、アタタタタ~。
花屋はボギーで5打差に戻す。

9番537ヤードロング、1Wはフックして左ラフ。
傾斜ラフから5U・5Uでピン右5歩のバーディーチャンスにつけた。
バーディーパットはカップに向かうが淵で止まり、パーで44回・・・タワバ。
花屋はナイスドラ~ウッドで残り50ヤード、アプは50㎝でバーディー、38回アベシ。
勝負には負けたがキャディーのIさん、私の事を覚えてくれていて嬉しかったです。

総武コースは、木が間引かれスッキリ高級感が出ていました。
平坦で広々整備された林間コース、キャディーさん付で歩けるのは貴重ですね。
さすが加賀屋ゴルフ2019年度、取扱い1位です。

気持ちも新たに総武カントリーメンバーとして、ゴルフと向き合いたいと思います。

 

掲載日:2020年7月31日

総武カントリークラブのゴルフ会員権について知りたい