ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

芝先案内人のコース拝見

>芝先案内人のコース拝見>

真名カントリークラブ ゲーリー・プレーヤーコース

クラブハウス

レストラン

練習場

練習グリーン

ケーブルカー

意匠を凝らした照明

ロッカールーム

1番セカンド地点

10番ティから振り返る

1番

2番

3番

4番

5番

6番

7番

8番

9番

10番

11番

12番

13番

14番

15番

16番

17番

18番

今回のコースは初めてのレポートになります。真名コースは数回プレーしていましたが、ゲーリー・プレーヤーコースは12年振り2回目の訪問です。
今は、RESOL(リソル)が運営しています。
とにかくクラブハウスの豪華さに驚かされます。贅を尽くした建物、調度品には目を見張ります。また、スタートホールまでケーブルカーに乗っていくところも珍しいゴルフ場です。他には栃木県のニューセントアンドリュースのオールドコースに行く時くらいしか思い当りません。
練習場は真名コースとの共有になっています。クラブハウスもすぐ近くで隣り合わせのようになっています。
ゲーリー・プレーヤーコースの特徴はバンカーがすべてポットバンカー風の形状になっているところです。それと赤い砂のバンカー8番と12番の通称ウエストエリアは、ハザードではないのでクラブをソールすることができる点です。
昔と変わっていたところは、10番が隣接地への打ち込み防止のためPar3に変更になっている点ですが、これはとても残念でした。そのためPar3、Par5がそれぞれ3つの変則Par36になっています。INコースはタイトでややトリッキーなところもあります。
乗用カートのセルフプレーのコースですが、メンテナンスはまずまず良かったと思います。
冬なので前半はグリーンが凍結している点は、致し方ありません。
昼食に関しては、バイキング形式でソフトドリンクも飲み放題、デザートもケーキ、アイスクリーム、ヨーグルト等いろいろあり、料理メニューも充実していました。
プレー後の風呂場もサウナ、水風呂は完備してあります。大きなジャグジーが休止になっていた点が合理化の一環かなと思いましたが、それ以外は湯船も大きくゆったりと、くつろげる設備で気に入っています。風呂場からの景色もまずまず気に入っています。
また、プレーしてみたいコースです。

掲載日:2015年2月3日

真名カントリークラブ ゲーリー・プレーヤーコースのゴルフ場レポート