ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

芝先案内人のコース拝見

>芝先案内人のコース拝見>

総武カントリークラブ 印旛コース

クラブハウス

1階玄関

レストラン

アプローチ練習場

1番

2番

3番

4番

5番

6番

7番

8番

9番

10番

11番

12番

13番

14番

15番

16番

17番

18番

2ヶ月ほど前になりますが、7年ぶりにお邪魔して来ました。
現在は乗用カートでのプレースタイルになっています。
土曜と日曜日は全組キャディ付でのプレーで、セルフプレーは平日のみだそうです。
PGMになってクラブハウスの内装もリニューアルされて綺麗になっていました。
フロント受付が2階に変更になり、その前のエリアはプロショップに衣替えしています
個人的には印旛コースの方がテクニカルを要求される感じなので好きです。
横幅はそれなりに狭いホールもあり、方向性重視で行きたいところです。
15番Par4は特に狭くなっています。
17番Par3は庭園風の趣があり、また、7番Par4は林間コースの正統派のようなホールでどちらも大好きなホールです。
酷暑続きに中、メンテナンスはまずまずされていましたがグリーンへのダメージが所々あり、シートを被せて保護しているグリーンも数ホールありました。
そのため、グリーンは軟らかく、芝も短くカットできないようでスピードはありません。
猛暑対策で致し方ないのかもしれません。
プレー当日はめまぐるしく変わる天候で、晴、雨、豪雨、曇、晴と慌しい中でのゴルフでリズムが乱れてしまうほどでした。それでも、水不足の芝生にとっては恵みの雨だったでしょう。
総武コースと比べると距離も短くタイトなホールもありますが、面白味のあるコースだから楽しめます。また、乗用カートが入ってからは、夏場は人気が出てきたようで入場者も増加しているらしいです。真夏の暑い時はカートプレーを希望する人が多いのでしょう。
月例競技の印旛コース開催は年に2回程度だそうで、ほとんどが総武コース開催とのこと。
その代わりに、最近はシニアの競技を印旛コースで開催することが増えているそうです。
乗用カートだし、距離よりもテクニックを駆使するから、ちょうど良いかもしれません。
久しぶりにプレーしてみて、また挑戦したくなりました。

掲載日:2012年11月06日

総武カントリークラブ 印旛コースのゴルフ場レポート