ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

芝先案内人のコース拝見

>芝先案内人のコース拝見>

千葉カントリークラブ 梅里コース

クラブハウス

レストランからの眺め

ピッチ、ランニング用練習グリーン

ドライビングレンジ

ドライビングレンジ2

アプローチ、バンカー練習場

8番セカンド地点から

4番の百日紅

17番セカンド地点より

3年前にお邪魔した時に改造後の素晴らしい変貌に驚き、またプレーしたいと思い今回訪問して来ました。
前回の時はフェアウェイの状態があまり良くなかったので残念でしたが、今回は猛暑の中でも完璧なメンテナンスの状態でした。グリーン、フェアウェイ、ラフ全てにおいて満足できます。どのゴルフ場も短めに刈る傾向のある昨今にしては、珍しくラフも伸ばしてありヤリ応えは十分でした。その上フルバックのゴールドティからだったので、全長7,111ヤードのコースレート73.4とタフなコースを堪能できました。
接客も大昔(20年位前)のイメージとガラリと変わり、申し分の無い対応です。
わずかなディボットにもキャディさんは目を光らせて、しっかりと目土を励行しています。
また、残り距離やグリーン上のラインの指示もきっちりと正確で教育が行き届いていました。
ハード、ソフト両面でどんな方をお連れしても喜ばれる名門ゴルフ場だと確信します。
ティインググラウンドも、赤、白、青、黒、金とレベルに応じて数多く用意されています。
練習場もたっぷりと距離があり思いっきり打ち込めます。また、アプローチ・バンカー用の練習場はショートコースと見間違うほどきっちりと整備されていて驚きました。
老舗コースには用意されているピッチ・ランニング用の練習グリーンも完璧に整備が行き届いていました。
千葉カンのようにバラエティーに富んだ練習施設が完備されているコースは日本全国でも、そう多くは無く名門の証です。
OUTコースは9番Par4だけが385ヤードで、残りのPar4全てで400ヤード超と長く、3番Par3は210ヤードと飛ばし屋には喜ばれます。
INコースはやや距離も抑え目でその分テクニカルショットが功を奏すレイアウトです。
常磐自動車道:柏インターからも近く、フラットでタフな老松林間の歴史あるコースはまさにゴルファーの憧れの的ですね。

1番

2番

3番

4番

5番

6番

7番

8番

9番

10番

11番

12番

13番

14番

15番

16番

17番

18番

掲載日:2008年9月16日

千葉カントリークラブ 梅里コースのゴルフ場レポート