ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

芝先案内人のコース拝見

>芝先案内人のコース拝見>

江戸崎カントリー倶楽部 東コース

最も好きな林間コースを挙げるとしたら、江戸崎C.C.東コースを第一に考えます。
初めてプレーして、その松林の景観の素晴らしさに惚れ込んで、1ヵ月後に即行入会して2年弱になります。既に、100回くらいラウンドしていますが、最初の印象が薄れることなく満足したメンバーライフを楽しんでいます。
何から何まで100%満足することは難しいと思いますが、コースレイアウトの面白さ、メンバーさんとの友好的交流、従業員の方たちの接客対応等は納得しています。
メンテナンスに関しては、グリーンの状態を今よりも良くする必要があると考えます。
他の名門といわれるコースにお邪魔して、グリーンの仕上がりが素晴らしいコンディションだと江戸崎もこのくらいの状態にしてくれると良いなと思うことがあります。ゴルフ場にとってグリーンは命ですからね。フェアウェイについては特に問題はなく、バンカーの砂がもう少しあったほうが打ちやすいけど、ハザードであることを考えると砂の量は関係ないのかもしれません。それでも以前よりはだいぶ砂の量は多くなったと思います。
林間コース特有の単調さが江戸崎にはありません。なだらかな起伏がアクセントとなりテクニックも要求されます。フェアウェイは広い印象を受けますが、次のショットのことを考えると第一打を運んでいく場所は限られています。
老松に混じり、春の桜と秋の紅葉は鮮やかで、1年を通じて楽しくラウンドできることも気に入っています。
夏場には今となっては希少な高麗グリーンの使用が2ヶ月ほどあり、切り替え時期は戸惑いますが季節の恒例行事と思い以前ほどの嫌悪感はなく前向きに捉えられるようになりました。しかし、ゴルフ場の方から聞くところによると高麗グリーンをベントに改造する工事を計画しているとのこと。今年は全日本学生選手権も開催されるので、コースのグレードアップを期待したいところです。
月例はJGAハンデによるクラス別で、月替わりで東コースと南コースに分かれます。
年に何回かの月例は昭和20年以前と以後の年齢別、コース別の開催になります。
月例以外にも毎月いろいろな競技が東、南、2コースを使ってコース別に開催されています。そのうちのいくつかの競技には平日会員(土曜日可)や週日会員(土曜日不可)のメンバーも参加が出来ようになっています。当然、そういう時の競技は参加希望者が多くなるので、すぐにメインの東コースから満員になってしまいます。
土日に一人でフリーのプレーに関しては、問題なく楽しむことが可能です。

掲載日:2006年01月31日

江戸崎カントリー倶楽部 東コースのゴルフ場レポート