ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

芝先案内人のコース拝見

>芝先案内人のコース拝見>

葉山国際カンツリー倶楽部 ダイヤモンドコース

加賀屋ゴルフの社長がつい最近、新規に入会してメンバーになったということで、まだお邪魔したことが無かった高級コースだからこの機会にと、今回同伴させていただきました。
横浜横須賀道路:逗子インターから10分以内と便利な場所で、都内から首都高経由でジャスト1時間で朝は到着できました。三浦半島の山の上に造成されているため、タイトなレイアウトでアップダウンがあるのは致し方ない立地です。正確なショットが要求されるコースでした。その代わり絶景のビューポイントがいたる所に点在します。東京湾を挟んで房総半島の君津方面やアクアラインの海ほたるも眺められるし、横須賀市街が一望でき、レストランからは相模湾、富士山までも見通せます。10番グリーン上からの眺めは気に入りました。開場して40年を超える歴史のあるコースですが、クラブハウスは建て替えられて綺麗になっていて建物の地下が駐車場になっています。ダイヤモンドコースとエメラルドコースの36ホールで、メインはダイヤモンドコースだそうです。どちらもリモコン式乗用カートだからインターバルの長さやアップダウンを緩和してくれるから助かります。山麓には同系列でショートコースの葉山パブリックと練習場があります。
さて、今回プレーしたダイヤモンドコースですが豪快な打ち下ろしだけでなく、3番Par4の豪快な打ち上げもあり圧倒されます。当日はバックティからで6,609ヤードですが、Par3は4つとも距離的に物足りなさを感じます。しかし、7番Par4のように462ヤードと長いホールもありアクセントがあります。他のホールも距離だけで判断すると短めでしたが傾斜からのライや法面の張り出し、打ち上げ、打ち下ろし、ドックレック、池、OB等があるからピンポイントで攻めなければいけない戦略的なレイアウトで神経を使います。途中のヤード表示は、100ヤードと150ヤードの2種類しかありません。INコースのバンカーの砂はOUTコースと違って眩しいくらい真っ白な綺麗な砂でした。
メンテナンスは良く出来ていると思います。特筆はグリーンの仕上がり状態の良さです。
芽の詰まった滑らかなグリーンで硬くて良く走ります。上からのパットはだんだん怖くなって打てなくなってしまいました。スタッフの方々の接客対応も良く、当日付いたキャディさんも良く動いてくれる方で助かりました。キャディさんの話では、風が通るコースだから風の読みで結果が大きく変わるそうです。
ラウンド後の湯船から眺める大パノラマは圧巻です。開放感があり疲れを癒すには最高ですね。

掲載日:2006年01月10日

葉山国際カンツリー倶楽部 ダイヤモンドコースのゴルフ場レポート