ゴルフ会員権 ゴルフ場レポート

芝先案内人のコース拝見

>芝先案内人のコース拝見>

グランドスラムカントリークラブ

朝の最低気温が氷点下5℃の日に初めてお邪魔しましたが、日中でもなかなか気温が上がらず寒かった。せめてもの救いは、風が大して吹かなかったことです。常磐道:日立南太田インターから10分程度でしょう。
クラブハウスレストランからは遥か遠くの男体山をはじめ日光連山の雪景色が眺められました。ハウス内はスペースが広くとってあって気持ちもゆったりします。あちこちに彫像が配置されていてバブリーさは残っていますが、今となっては過去の遺産と考えるだけです。
食事に付いては、はっきり言って????でした。煮込みハンバーグを注文しましたがやや冷めぎみでした。それもそのはず、注文して全員の料理が出てくるまでの時間の短いことには驚きです。ある程度作り溜めしてあるのか、所要時間は5分以内だったと思います。STT開発系のゴルフ場の料理の味は何処も同じようです。
さて、肝心のコースですが、比較的ゆるやかな丘陵地にレイアウトされていて広々としているので気持ちよく振っていけます。ベントの1グリーンで大きく、アンジュレーションもあるのでのせるだけでは厳しいかも。芝目も意外と効いていて、キャディさんの指示を参考にした方が賢明です。距離表示はグリーンエッジまでで、ピンまでの分をプラスすることを忘れないように。
乗用カートでのプレーですが、セルフプレーも多く初めてだとインターバルが長く、ホール間が入り組んでいるので迷うこともあるみたいなのでコース順路の標識を見落とさない必要があります。
バックティでのプレーでしたが、充分なやりごたえが有りました。
コースレートも72.6と難易度があります。
東コース1番の打ち下ろしPar5は、この時期は転がるのでバックティからでも斜め右の大きな池に、飛ばす人は入る可能性があるでしょう。
東コース4番と中コース8番は449ヤードのPar4とタフです。
キャディさんの話だと、一番綺麗な時期は秋の燈台躑躅の紅葉の頃だと言っていたので、是非その頃にまたお邪魔してみたいですね。

掲載日:2004年03月31日

グランドスラムカントリークラブのゴルフ場レポート